山鹿衛生処理センター


外観

 ●施設パンフレット閲覧  (PDF形式 2.3MB)


 ●施設の地図はこちらをご覧下さい


所 在 地 : 〒861-0501 熊本県山鹿市山鹿205
電話番号 : 0968-44-7020
総事業費 : 712,340,000円
敷地面積 : 約4,504m2
着   工 : 昭和54年3月
竣   工 : 昭和55年3月
処理能力 : 92kl/日
処理方式 : 脱窒素活性汚泥法(デニパック方式)

■施設の特長
1.し尿中の窒素成分は、安全、無害な窒素ガスとして除去するため、2次公害のおそれがありません。また、処理の過程で、硫化水素などの悪臭成分を排出しません。
2.窒素成分の除去と同時にBOD、COD、色度なども高い除去効率で処理できます。
3.浄化槽汚泥の投入に対しても、常に処理性能は安定しています。
4.独特の硝化液循環システムを採用しており、中和用アルカリはほとんど不要です。活性汚泥法と同種の処理方式であるため、維持費が低廉で運転管理がきわめて容易です。

■設備紹介
●中央監視室
全施設の運転を監視します。
●前処理室
投入機に投入したし尿は破砕機にて粉砕され、ドラムスクリーンでろ過し、ろ液は貯留槽へ、し渣はスクリュープレスで脱水され、焼却炉へ送られます 。
●オゾン発生機
凝集沈殿池処理水にオゾンを混入し処理水の脱色を行います。


山鹿植木広域行政事務組合
〒861-0565 熊本県山鹿市南島1270ー1
TEL 0968-43-1195/FAX 0968-42-1172